bg_section01

copy_section01

 

ひそやかに、でも、凛と咲くポピーの姿は、都会の慌しい街をやさしく彩り、ふと、やわらかな気持ちにしてくれます。
フラワー バイ ケンゾー オーデトワレは、都会を生きる女性に、そのポピーの姿をなぞらえて生まれました。

 

クリアなボトルは、太陽に向かって伸びる花の茎のように、しなやかなカーブを描きます。
空高くそびえたつ高層ビルを思わせるノーブルなガラスに咲く、真っ赤なポピーの花。
サイズ違いのボトルには、まるでポピーが咲くように、つぼみから花開くまでの過程が描かれ、3つのボトルを並べれば、まるでポピーがそこに咲き乱れているかのようです。
そしてこのボトルには、製品のロゴすらなく、「都会に咲く一輪の花」というコンセプトが最大限に表現されています。
パッケージもまた、1つの箱につぼみから開花するまでの4段階が描かれており、並べればさながらポピー畑のように。
細部にまでこだわり続けるKENZOの美意識と、遊び心が投影されたデザインです。

 

 

 

tit_section02bg_section02

 

フラワー バイ ケンゾー オーデトワレの香りは、現代的でありながらも気品のある、フローラルでパウダリーな香り。ひと吹きまとえば、フランスの石鹸を彷彿とさせる、清楚でやさしい香りに包みこまれます。
トップ、ミドル、ラストではなく、花を表現する「フローラルアコード」、凛とした女性の魅力をあらわした「パウダリーアコード」、そして、街を表現する「ダイナミックアコード」の3つのアコードが、バランスよく香り立ちます。

花は、小さくもたった一輪で人々を幸せな笑顔にする力を持っています。
「都会に咲く一輪の花」フラワー バイ ケンゾー オーデトワレは、香りを楽しんだあともその凛とした花が咲き続ける魅力的なデザインのフレグランスです。

 

フラワー バイ ケンゾー オーデトワレ 詳細ページへ

 

 

 

 

 

tit_flower_in_the_city

 

copy_section03copy_section03

 

 

 

tit_section03

 

 

街行く人々は、突然現れた花々に驚きながらも、顔をほころばせながらその花を摘んでいきます。
思い思いにかばんにさす人や、犬の首輪に飾る人。
ベビーカーの赤ちゃんに抱えさせて持ち帰る人。
一夜にしてパリをポピー畑にしたパトリックからのサプライズは、ポピーの花とともに人々を笑顔にしたのです。

 

 

そして、2001年に始まったこのポピー プロモーションは、様々な国へと渡ります。
ミラノ、ウィーン、ロンドン、ブエノスアイレス、東京……。
流浪の花、ポピーは、とても小さな存在でありながら
その大きなパワーで、今も手にした誰かを笑顔にしていることでしょう。